和食中心の食事にチェンジすれば、痩せられる?

和食はダイエットに効果があるのでしょうか?

栄養バランスが良い食事を摂取することはダイエットの基本です。 しかしながら、どれだけ栄養バランスが良くても食べ過ぎて しまえば太ることは避けられません。 脂や肉を多く使う傾向になる洋食や中華は和食と比較すると太り やすいですが、和食を食べているから痩せるということでもない です。

和食に使用されている食材がダイエットに効果的なものが多い からです。 世界的に日本食がブームになっているのは健康食やダイエット食の 側面があるからでしょう。ここでは、和食はダイエットに効果が あるのかどうかに迫ってみましょう。

和食には低脂肪のメニューがたくさんあります。 脂質をいかにおさえることができるかはダイエットできるかどうか の決めてになります。 生クリーム・バター・油……脂肪タップリの洋食と比較すると 和食は基本的にヘルシーで低脂肪です。酢の物・刺身・煮物・ 焼き物・和え物など油を使用しない料理が組み合わせやすいです。

和食は野菜や海藻類などの食物繊維が豊富に含まれる食材と相性が 良く、食物繊維は体内の余分な脂肪を排出してくれますからダイエット と関係が深い便秘の解消をしてくれます。 食物繊維が豊富に含まれる食材は低エネルギーですからダイエットには もってこいです。

生野菜のサラダと比較して煮物にすると見かけの量も減って たくさん摂取できます。しっかりと食べても脂質が少ないですから 安心できるダイエットメニューでしょう。

根菜類の煮物やキノコの炊き込みご飯や海藻の酢の物などは和食であればこその食物繊維タップリのメニューです。 ダイエットをしている時の夕食は、和食にすることをお薦めします。

朝食や昼食はどうしても時間に追われてしまいますが、夕食は時間が ゆっくり取れるのでどうしてもボリュームがある食事になりがちです。 朝食後や昼食後は人間が活動する時間帯ですからカロリーの消費が できます。夕食後は入浴して寝るだけが大半でしょうから摂取した エネルギーが消費されません。

アルコール類を飲む場合もあるでしょうしデザートも取ったりすれば、 どうしてもカロリーがオーバー気味です。 体が休息に向かう時間帯ですか摂取したエネルギーは体脂肪になりやすいです。

如何に夕食を制限するのかがダイエットの秘訣と言っても良いでしょう。 お昼少し食べ過ぎた場合でも夕食を和食にすることで調整できます。

以上、和食はダイエットに効果があるのかどうかを説明しました。 和食の場合は少し食べ過ぎてもリカバーしやすいです。 空腹感を我慢する無理なダイエットよりも油物を避けて和食を お腹いっぱい食べるほうが健康的なダイエットだと思いませんか?

↑ PAGE TOP