噛むことを意識するだけで、健康的に減量できる!

噛むこととダイエットの関係

ある調査によりますと太りやすい傾向にある人は <あまり食事を噛まない>ようです。 どちらかと言うと柔らかい食事を好むこともあり、 3回程度しか噛まないで飲み込む人も多いです。

ここでは、噛むこととダイエットの関係を解説しようと思います。 ダイエットと噛むことは密接な関係があります。 <良く噛んで食事をすること>は痩せる事を促進するホルモンを 引きだす効果があるからです。

食事をしっかりと噛むことによって食事の時間が長くなりますし <3大痩せホルモン>の分泌を刺激します。 痩せるホルモンをタップリと分泌させる秘訣は <一口について30回以上しっかりと噛むこと>です。 すぐに堅い物をバリバリ噛むと顎がいたくなってしまったり歯茎が 腫れてしまったりしますので徐々にならしてゆきましょう。

では3大痩せホルモンをご紹介いたしましょう。 一番目のホルモンは<レプチン>です。このホルモンは満腹中枢を 刺激して蓄積した脂肪を燃焼させる指示をだします。 一連の作用によって体の脂肪を燃えやすくしてダイエットをサポート してくれるのです。

二番目のホルモンは<ヒスタミン>です。 このホルモンは唾液や消化液の分泌を促進してくれて満腹感を得られ やすくする働きがあります。 三番目のホルモンは<セロトニン>です。 このホルモンは精神を落ち着かせて安定させる働きがあります。

メンタル面が安定すると満足感や安心感が増しますからダイエットに 伴うイライラした気持ちを抑制してくれ<食べたい>衝動を緩和させて くれます。

次に意識しなくても噛む回数が増える料理方法をご紹介しておきましょう。 ご飯の場合は白米ではなくて発芽米の方が噛みごたえがありますし 少しご飯を硬く炊くように水の量を調整するだけでも効果があります。

野菜類は大きめに切ると自然に噛む回数は増えますし生野菜よりも お漬物にすると噛む回数は増えます。 お刺身の場合はツマと一緒に食べるようにすれば意外ですが噛む回数は増えますので試してみましょう。

キクラゲ・かんぴょう・切り干し大根などの乾物や海藻類も噛む回数を増やしてくれるメニューです。これらは食物繊維も豊富に含まれ噛む回数が増えるのみならず便秘対策にも有効です。 こういった工夫をすると脳が味の違いや食感の違いを感じとろうとし 自然に噛む回数が増えます。

以上、噛むこととダイエットの関係を解説しました。 また普段からガムを噛んでいると満腹中枢を刺激することにより空腹感を 感じにくくしてくれ顎のトレーニングにもなり食事の時に噛む苦痛が少なくなるでしょう。

↑ PAGE TOP