ダイエットを成功させるためには?

ダイエットを失敗してしまう原因

ダイエットに挑戦しては挫折してしまう人が多いですが、あなたは如何でしょうか?
ここではダイエットを失敗してしまう原因についてお話をしましょう。

一番目は無理をしすぎていないかどうかです。 ダイエットする減量目標値が多すぎたり、ダイエット期間が短すぎてない ですか?無理があれば過酷なダイエットメニューをこなさなければなら なくなります。その結果ストレスが蓄積してしまってダイエットを やめてしまうでしょう。

ダイエットに失敗する原因の一位はストレスに負けてしまうことです。 ダイエットすると<体重を減らすこと>と捉えがちですが体重を減らす ことにこだわり過ぎてしまった場合に失敗してしまうようです。

ダイエット中だからといってカロリーが低いものを偏って食べ続けている と体温が下がってしまい、脂肪を蓄え始めてしまう体になってしまいます。

体が冷えてしまうと基礎代謝が下がり脂肪を燃焼する力が弱くなって しまいますから、一時的に体重が減ってもダイエット前よりも痩せにくい 体になります。

二番目は体脂肪率も大事なのですが筋肉量を意識しているでしょうか? 食事制限をしてダイエットすると体重は減少していきますが実際に 体脂肪率が落ちていないケースが多いです。

ダイエットする場合に運動を取り入れないと体脂肪が減る以前に筋肉量が 減ってしまいます。 筋肉が落ちると基礎代謝量が減りますが、筋肉は適量をキープする 必要があります。基礎代謝が減ってしまうと脂肪が燃えにくくなります。

筋肉量が減ってしまうと基礎代謝が低下して脂肪が増加してしまいます。 最終的にはダイエットする前よりも、より脂肪がつきやすい体になって しまいますから、ダイエットをやめて通常の食事に戻すとすぐに太って しまいます。

厚生労働省が実施した国民栄養調査によりますと「朝食を抜いている人は 三食食べている人よりも皮下脂肪が多い」と報告しています。

以上、ダイエットを失敗してしまう原因についてお話をしました。 「ダイエットをやめてもリバウンドすることなく、無理をせずに体重を 維持できることが本当のダイエット成功だ」と言えるのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP